>

依頼された場所へ行く

お経を唱える仕事

お坊さんは、葬儀の時に呼ばれることが多いです。
葬儀ではお経を唱えるという工程があるので、その時に活躍します。
その時は袈裟を着用するなど、ルールが決まっています。
またその際に唱えるお経は、宗教によって異なります。
故人に合うお経を唱えないと、成仏させることはできません。
いきなり呼ばれても、お坊さんは個人の情報を把握していないので、どんなお経を唱えればいいのかわからなくなってしまいます。

ですから葬儀の準備や話し合いをしている段階で、お坊さんにも連絡しなければいけません。
葬儀社と話し合うだけでは足りません。
事前に伝えていれば、お坊さんは準備を整えて葬儀に参列できます。
正しいお経を唱えてもらうことができるでしょう。

忙しい時期がある

葬儀の依頼がたくさん入っていれば、お坊さんは忙しくなります。
特にお盆やお彼岸などは、故人を供養するためにお経を唱えてもらおうと考える人が多くなります。
ですから依頼がいつもより増えて、休みなしに働くこともあるそうです。
またお坊さんに用事がある時は、早めに連絡するのがおすすめです。
通常の時でも、他の人と日程が重なってしまうかもしれません。

相手の方が早くお坊さんに連絡していれば、こちらの依頼が後回しにされてしまいます。
それでは、せっかく決まっていた葬儀の予定を変更しなければいけません。
面倒なので、希望した日時にお坊さんが来てくれるよう、予約を早く済ませましょう。
おすすめのお坊さんは、葬儀社が教えてくれます。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる