>

仏の教えを説明すること

悲しんでいる人に教えを説く

大切な人が亡くなるのは、確かに悲しいことです。
ですがいつまでも悲しみを引きずっていると、故人も成仏されません。
きちんと現実を受け止めて、故人を送り出すことが最大の供養になります。
そのような仏の教えを、お坊さんは葬儀の参列者に説きます。
また、これまで経験したことを教えてくれることもあり、非常にためになる話になります。

説法を聞くことで、悲しみや悩みが解決するかもしれません。
心に何か抱えている人は、真剣に説法を聞いてください。
静かに、説法を聞きましょう。
騒ぐと、お坊さんのありがたいお話を遮ってしまいます。
お坊さんや、真剣に聞いている他の参列者に迷惑です。
葬儀の間は、余計なことを喋らないよう意識しましょう。

寺院で説法会を開くこともある

葬儀に参加しなくても、気軽に説法を聞けるように説法会を開催するお坊さんが見られます。
誰でも参加できるので、興味があったら参加しましょう。
無料で参加できるのも、嬉しい面ですね。
また公民館や体育館を借りたり、学校や幼稚園へ行くこともあります。
大人でも子供でも、悩みを抱えています。
ですから学校へ行き、子供たちに教えを説きます。

大人に伝えていることと同じ説法では、子供はまだ理解できません。
子供用に、わかりやすく内容を変えています。
すると子供は、興味を持って説法を聞いてくれるでしょう。
優しい人になれという教えを説くことが多いです。
子供のころから仏の教えを理解することで、誰にでも親切な優しい人間に成長できると思います。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる